転職の際に気を付けるべきこと

転職の際に気を付けるべきこと

転職は自己分析が必要

 新卒の場合の就職活動も、自己分析と言うものが必要でしたが、転職の際もこういった自己分析は必要になります。たとえば、転職の際は条件を重視しがちとなってしまっていて、自分が本当に何をしたいのか、といったことがおざなりになりがちです。ですので、転職をして実際に働き始めてから「こんな仕事をしたいんじゃなかった…」とギャップに苦しんだりするということもありがちです。これが転職の失敗です。今はこうした転職の失敗と言うものが多いようです。なので、転職をする際は、自分がどうした仕事をしていきたくて、さらには自分がどういった仕事が向いているのか、と言ったことをきちんと考える必要があります。

 

仕事内容を理解しておくことが必要

 さらに、転職の際には、面接官などは仕事内容を理解してると踏まえたうえで面接をし、そして採用を決めるということが多いです。ですので、入ってから仕事内容を誤解していた…といったことがないようにしなくてはいけません。しっかりと、その会社でどういった仕事内容を行うのかと言ったことをきちんと理解しておくことが必要となります。さらに、自分がその仕事内容をやっていけるのか、自分が考えている仕事とギャップはないのか、といったことをよく初めに考えておくことが必要となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ