転職で不採用だったとしても落ち込まない

転職で不採用だったとしても落ち込まない

転職は運が半分、実力が半分

 仕事を探すときに必要なのは実力が全てだと考えている方が大半だと思います。しかしながら、実際はタイミングなどの運に半分程度は支えられていることを忘れてはいけません。つまり、面接で失敗したとか、書類審査で落とされたなど不合格であったことに気持ちがどうしても持っていかれてしまいますが、実際にはそれほど深刻になる必要がない理由で不採用になっている場合も多々あります。もし、実力こそが転職の全てだと考えていると、そうした不採用の結果が自己否定のベクトルを生み出す可能性がありますので注意が必要です。転職活動は長丁場ですから、気持ちを折らないためにも冷静な気持ちを持ちましょう。

 

行き当たりばったりの転職はやめましょう

 確かに実力がなくても、人柄だったり、人材がとにかく足りないという企業の都合などで運よく採用されるというのは実際沢山あるケースです。しかしながら、これらの転職先を「なんとなく」選択するのは将来的にはあまりプラスに働きません。つまりは、転職というものは自分の実力を積むための場所なのだということです。運だけでは転職はうまく行きませんし、実力だけでは全て良い結果がでるわけではありません。それでも実力を持っていなければ転職のステージにすら立たせてもらえないわけですから、キャリアプランを立てた上で面接先は選択しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ