転職における自己分析のやり方と注意事項について

転職における自己分析のやり方と注意事項について

自分の強みはどのようにして発見するのか?

 本格的な転職活動前にぜひ、行なってほしいのが「自分の棚卸」、つまり自己分析です。なぜなら、自己分析をしっかり行なっていないと、後々の応募書類作成や面接がしっかりとしたものにならないからです。では、自己分析はどのように行なえばよいのでしょうか。

 

 人によって様々ですが、一人で考え出す人と、家族や友人など他人から聞き出す人とがいます。どちらも間違いではないのですが、まずは一人でじっくりと考え、補完的に周囲の方の意見を取り入れると、自分という人物像がより立体的に浮かび上がるでしょう。そして、一人で考える際も、頭の中だけで考えるのではなく、ぜひ一度紙に書いてアウトプットしてください。紙に書くことで、頭の中で考えるよりも客観視できるからです。

 

自己分析の注意事項とは?

 自己分析を行なう目的の一つとして、自分の強みを発見することが挙げられますが、この強みとは、なにも「人より優れているところ」という意味だけではありません。このように考えてしまっては考えが前に進まないものです。仕事や周囲、課題に対し、どんな意識や姿勢で取り組み、何を考え、どう成長したかという視点こそが自己分析のカギです。ここに意識し、自己分析を行なってください。また、仕事の成果はできるだけ数値化するなど、客観的にわかりやすく考えましょう。頑張ってください。

ホーム RSS購読 サイトマップ