英語面接でこけないように覚えておきたいこと

英語面接でこけないように覚えておきたいこと

英語面接は日本語面接と同じにあらず

 外資系転職などでは、日本語の面接だけでなく、英語での面接も行われることがあります。しかし、日本語の面接の英語版だと思っていると痛い目をみます。まずは、日本語面接とは違うものであることをしっかりと意識しておくことが重要です。あとは基本的なことを守れば、採用の可能性はぐっと高まります。

 

英語の間違いを気にするなかれ

 どうしても日本人は完璧な英語にこだわりがちです。それゆえ発音を間違ってしまっただけですぐに言い直したりしてスムーズな受け答えができないケースが目立ちます。しかし会話をしているのですから、ちょっとした間違いよりも真意が伝わっているかどうかの方が重要です。あまり細かいミスよりも、相手にストレスを与えない言葉のキャッチボールができているかどうかを意識することが転職成功への近道になります。

 

基本的にポジティブに

 あとは、ネガティブなことは言わないのが鉄則です。もし自分の欠点は何ですか?といった質問がきたら、その欠点を挙げた上で、自分がそれを改善するためにどんなことをしているかを話すようにします。また、その企業のビジネスに貢献したいという気持ちもポイントが高いです。漠然とした社会貢献といった言葉は避け、具体的に前向きな意見を心がけると採用側に良い印象を与えることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ