履歴書はパソコン作成より手書きが無難

履歴書はパソコン作成より手書きが無難

履歴書は手書きが多い

 最近は履歴書をパソコンで作る人も増えてきていますが、それでもまだまだ手書きで作成する人の方が多数派です。履歴書そのものを必要とせず、ホームページで必要事項をフォームに記入すればOKというケースも増えていますが、全ての会社がそうなる日は遠く、しばらくは手書きの履歴書が必要とされる状況は続くでしょう。

 

手書きであるべき理由

 履歴書が手書きであると、面接官としてはその人の人柄を判断しやすいメリットがあります。乱暴な字で書かれていれば、他人にとっての読みやすさを考えない人だと分かります。汚い字でも丁寧に書かれていれば、転職という重大な事態に全力を挙げて取り組める優秀な人物と分かります。履歴書の書き始めから書き終わりまで一貫した調子で書けているかによって集中力も測れます。

 

パソコンで作っていい場合

 手書きの方が無難ですし印象も良くなりやすいですが、パソコンスキルをアピールしたい場合はあえてパソコンで履歴書を作るのもいいでしょう。ただ、その場合も転職先の会社がどのぐらいITリテラシーが高いか、年齢層はどのぐらいかを事前に調べて、パソコン作成の履歴書が受け入れられそうか確認した方がよいでしょう。若者の多い会社、IT活用の進んでいる会社ほど受け入れられやすいです。

ホーム RSS購読 サイトマップ