退職時の有給休暇の請求は可能?もし拒否されてしまったら

退職時の有給休暇の請求は可能?もし拒否されてしまったら

請求は可能・拒否は不可能

 

 有給休暇は、退職時でも取ることができるのか。退職を決めた人の頭の中にふと浮かぶ疑問のひとつかもしれません。

 

 有給休暇を請求することは可能です。有給が残っており、それを消化して辞めたいと考えているならば、あまり深く考えずに請求してもいいのではないでしょうか。また、会社側はこの請求を拒否することができないので、退職時の有給消化を拒むことは不可能であると言えます。

 

 法律で決まっているから、と言ってしまうとその一言で済んでしまうので非常にあっけないのですが、この法律での定めを無視することは労働者にとってはデメリットですし、会社側にとっても労働者に訴えられたりするなどの可能性があるので、有給休暇を請求し、それを認めるというのが双方にとって最も良い選択なのではないかと思われます。

 

拒否をされたら理由を尋ねます

 

 有給休暇の申請をして、仮に断られてしまったら、その場で理由を尋ねましょう。退職時には認められない、などの答えが返ってくれば労働基準法を出せば一発で解決。

 

 就業規則にその理由に当てはまるようなことが書いてあり、あなたがそれをクリアしていなかったとすれば、その時点からでもいいのでクリアする努力をしましょう。クリアしてから再び有給休暇の申請をすれば、今度はもう断られることはないはずです。

 

 もしハッキリとした理由を言わなかったり、明らかに理不尽と思われる理由を言ってきた時には、次の手段に出るしかありません。

 

理不尽な理由だと感じたら

 

 有給休暇の請求を拒否され、その理由に納得がいかなければ、以下のような対応を検討してみましょう。

 

・転職エージェントに相談してみる
・労働関連の相談所に相談してみる
・弁護士などの法律家・事務所に相談してみる
・直属の上司ではなく、総務部などに直接有給休暇の請求書を提出してみる
・直属の上司の、さらに上司に直接相談してみる

 

 会社や個人によってやりやすい・やりにくいがあるかもしれませんが、できそうなところからトライしてみましょう。

 

 そもそも有給休暇が認められないなんてことは本来あってはいけないわけですから、そのまま有給を捨てるくらいなら、粘って対応してみるべきなのではないでしょうか。

 

 

【参考記事】

  1. 転職先が内定したら円満退職を目指そう!
  2. 転職するときに必要になる退社手続きの注意点とは?!
  3. 転職先への入社手続きを完了させよう!
ホーム RSS購読 サイトマップ