転職先が内定したら円満退職を目指そう!

転職先が内定したら円満退職を目指そう!

転職先が内定したら・・・

 

 すぐに在職中の会社の直属の上司に退職の意思を伝える必要があります。少なくとも自分が辞める1か月前までには直属の上司に言うのがマナーだとされています。

 

 会社の就業規則の「退職」の項目をよく読んで退職手続きの流れを確認しましょう。転職先の会社には人事に電話をして“円満退職がしたいのでしばらく待ってほしい”と言えば、入社日を多少は待ってもらえますがあまり延長していると内定を取り消されるかもしれませんので要注意です。

 

円満退職までの流れについて

 

 円満退職するためには「退職理由」について何も語らないことがコツです。転職先が内定しているのですから、今更会社の不満点を挙げても仕方がありません。

 

 会社によっては後任が決まらないので、なんとかしてあなたを引き留めようとするケースもあります。

 

引き継ぎ作業も最後まで責任を持って行おう!

 

 後任がすぐに決まるかどうか?!は運次第ですが、引き継ぎ作業は最後まで責任を持って行うようにします。連絡事項はファイルにしてデスクトップに保管しましょう。

 

 最近ではオフィスもIT化されてきていて、以前ほど引き継ぎに期間も手間もかからなくなってきているといいます。

 

 

 

【関連記事】

  1. 転職するときに必要になる退社手続きの注意点とは?!
  2. 転職先への入社手続きを完了させよう!
  3. 退職時の有給休暇の請求は可能?もし拒否されてしまったら
ホーム RSS購読 サイトマップ