面接の場でよくやってしまいがちな失敗例って?!

面接の場でよくやってしまいがちな失敗例って?!

「ご存じないかもしれませんが・・・」

 

 面接の場では相手が知っていそうな範囲で話すことはとても重要です。だからといって、「ご存じないかもしれませんが・・・」を連発すると、採用担当は転職希望者にバカにされたように感じると言います。

 

 特に採用担当が人事部の人間であった場合、転職希望者が専門用語を羅列してそのたびに「ご存じないかもしれませんが」とやられると内心カチンときています。面接に限らず、どんな場でどんな相手であったとしても、

 

 「ご存じないかもしれませんが」などという言い回しは言わないで会話できることが真の大人であるともいえます。

 

「転職エージェントに紹介されたので受けに来ました」

 

 「転職エージェントがこれから業績が伸びる会社だと薦めたので受けにきました」というのならともかく、「転職エージェントに言われたので来ました」と言ってしまったのでは、その人なりの志望動機がまったく抜け落ちています。

 

 「転職エージェントに言われたから来ました」と言った時点で面接はアウトです。「どこでもよかったけど転職エージェントに薦められたんです・・・」と言っているのと一緒です。

 

 

 

【関連記事】

  1. 面接の場で中高年の転職希望者が求められるマナーとは?
  2. 面接本番の前に中高年の転職希望者ならやっておきたい面接対策とは?!
ホーム RSS購読 サイトマップ