応募書類で中高年の転職希望者が迷いがちな点って?!

応募書類で中高年の転職希望者が迷いがちな点って?!

「添え状」は必要でしょうか?

 

 たとえば若干名募集のところに数百人が応募するような超人気求人案件であれば、添え状はむしろつけない方がよいと言われています。

 

 応募書類をさばく人事に言わせれば単なる邪魔でしかないそうです。しかしそこまでの人気求人案件でなければ、添え状はつけたほうが丁寧な印象が出ます。

 

書きたくない職歴も書かなければいけませんか?

 

 入社してからすぐに辞めたような経験がある場合ですが、1か月以内に辞めたというのであれば、雇用保険の手続きが済んでいないと思われるので、書かなくても問題ないでしょう。

 

 しかし履歴書の空白期間が1年以上あくような場合は、そのブランク期間に“自分が一体何をしていたのか?”採用担当に説明する必要があります。

 

「企業概要」はどのくらい詳細に書けばいいのでしょうか?

 

 職務経歴書など、企業概要を説明するスペースが大きくなりすぎて、本人がその会社で何をやっていたのか?!分からくなっている転職希望者もいるようです。

 

 採用担当が知りたいのは「本人ができること」であって、「企業名」ではありませんので、事業内容と従業員数でもよいでしょう。

 

 

【関連記事】

  1. 採用担当が気にする履歴書のポイント
  2. 採用担当は職務経歴書のここに注目している!
ホーム RSS購読 サイトマップ