中高年の転職希望者がよく利用している求人情報媒体って?!

中高年の転職希望者がよく利用している求人情報媒体って?!

「転職サイト」はwebレジュメを工夫することでスカウト機能が利用できる!

 

 転職サイトは広く浸透していますが、自分に合った転職サイトを選ぶことが大事です。毎日習慣的に仕事を検索していれば自分にとって使いやすい求人サイトが見つかるはずですので、そのサイトに登録するwebレジュメを定期的に気合いを入れて更新していれば、そのうちに採用されやすくなるでしょう。

 

 webレジュメを登録したら一晩で30社以上のオファーメールがきたという話もざらにありますし、そういう転職希望者は自分のキャリアやスキルをうまくwebレジュメで表現できているようです。

 

「業界専門誌」を読むことで転職活動を意味ある内容に変えることができる!

 

 志望業界が自分の中で固まっている人なら、業界専門誌や業界関連の記事をなるべく毎日大量に読むことがお薦めです。

 

 業界動向に詳しいことで面接対策にもなりますし、業界用語も新しく入ってきますから、採用担当から見て非常に頼もしい感じの転職希望者に映ります。業界専門誌には毎回1件は人を募集している広告が載っていたり、URLをたどっていけばネットで人を募集していたりするものです。

 

 

【関連記事】

  1. 転職希望者ならトライしてみよう!仕事探しの方法あれこれ
  2. 転職を思案している中高年なら転職エージェントに登録しよう!
ホーム RSS購読 サイトマップ