中高年の求人と転職方法

中高年の求人で選ばれる人材とは?転職活動応援サイト

1.中高年の人気が転職市場で上昇中
 2013年12月にリクルートキャリアが予測したように、2014年は中高年の求人が増加傾向にあります。
 特に、メーカーや建設・不動産、IT・インターネット業界で、その傾向が顕著です。

 

 その背景には、景気回復が見込めた企業が、これまで控えていた新マーケットの創出に投資を始め、社内で足りない分野のスペシャリストの採用を始めたからです。
 また、就職氷河期に新卒採用を控えたツケがまわり、日本企業の多くは、これから中間管理職を担うロスジェネ世代の育成ができていない状況です。
 その指導・教育を行う管理職として、中高年に白羽の矢を立てている部分もあるのです。
 これまで、リストラの対象だった中高年にとって、最大の好機が巡ってきています。
 だからこそ、自分と企業のニーズがマッチする求人を、取捨選択する知恵が必要なのです。

 

 

2.中高年特有の強みについて考える
 現在の転職市場において、中高年が持っている強みといえば、即戦力として成果をあげられるスキルがあることです。
 また「利害交渉能力」「変革推進能力」「コーチング能力」「問題解決能力」という、キャリアを積むことでしか得られない能力も身についています。
 さらに、管理職経験の有無に限らず、新人や後輩のOJTトレーニングを行うなど、教育の経験を持っているひとがほとんどです。
 こうした中高年は、採用への投資の回収がしやすく、さらに組織の活性化にもつながることから、注目される存在なのです。
 そうした強みを示す、具体的なエピソードを添えて、企業にプレゼンできれば、十分に採用される可能性があるのです。

 

 

3.中高年の転職成功者・成功の法則
 中高年で転職に成功しているひとには、どうやら法則があるようです。
 それは、徹底した自己分析と、企業の職種や役割におけるニーズのリサーチを行い、ピンポイントのアピールができていることです。
 転職市場における自分の価値を認識できれば、応募したい求人に対する準備ができます。
 中高年共通の強みに加え、自分が採用になれば、企業にどんな貢献ができるのかを、具体的に伝えられれば、採用担当者の心象をよくできるはずです。
 こうした戦略的な転職活動ができる人材は、どの企業でもより有利な条件を引き出すことができるでしょう。

 

 

4.なぜ転職サイトがおすすめなのか
 転職サイトのメリットというと、希望条件やレジュメを登録しておくと、毎週応募可能な求人情報が届いたり、興味を持ってくれた企業からスカウトメールが届くことを、思い浮かべる方も多いでしょう。
 ですが、それ以上に活用のメリットがあるのです。
 それは、転職市場の業界別、職種別、年齢別の動向を、月単位で提供してくれたり、中高年に特化した転職ノウハウの公開など、すぐに役立つ情報が満載なことです。
 中高年の転職は、若い時代と違い、応募してすぐ内定がでることはほとんどありません。
 ある程度時間をかけなければ、納得のいく求人を探すこともできません。
 そんなとき、同年代の転職成功者の体験談に目を通すと、すぐに参考にできるヒントが多いことに気づくはずです。
 最近は、管理職採用のためのハイクラスやエグゼクティブに特化した、転職サイトも登場しているので、まずは複数のサイトに登録することから始めてみましょう。

 

 

5.転職サイトを利用しての成功コメント
 転職サイトのハイクラス求人を中心に情報収集を行い、転職に成功した。転職サイトは若者が使うものだという先入観があったが、希望条件を登録しておくと、毎週新着情報が届き、クリック一つでエントリーができる。中間管理職として忙しく仕事をしながらの転職活動だったので、時間を効率的に使う意味でも、転職サイトは役立ったと思う。(48歳 男性)

 

 中高年の転職は、在職中の方が気持ちに余裕が持って進められます。
 自分のペースで転職活動を行う際には、転職サイトがおすすめです。
 レジュメを事前に登録しておけば、クリック一つでエントリーができますし、レジュメ作成ツールに入力したり、チェックツールを活用することで、職務経歴書のブラッシュアップもできます。
 活用できるツールは、すべて使いましょう。

 

 転職サイトで一番役立ったのは、業界や職種別の求人動向の情報でした。私はキャリアを積んできた業界・職種での転職を希望していたので、より自分に有利なタイミングを探っていたのです。プロならではの情報と分析を参考に、応募時期を見極めることができました。(42歳 女性)

 

 転職に関する情報を個人で収集するのは、なかなか難しいものです。
 自分に有利に転職をすすめるタイミングをはかる情報も、転職サイトで手に入れることができます。
 自分に価値づけをして、少しでも有利な条件を引き出すためにも、日ごろから転職サイトでさまざまな情報収集するよう心がけましょう。

 

 

6.求人増のチャンスを活かそう!
 この20年の中高年は、リストラの影におびえ、年収ダウンを余儀なくされてきました。
 景気回復傾向にあるとはいえ、中高年の年収が、今後劇的に上がるところまではいっていないのも事実です。
 ですが、少子高齢化が進むいま、中高年の採用ニーズが増えるのは間違いありません。
 とはいえ、すべての中高年は望む転職を果たせるわけではなく、きちんとキャリアを積んできたか否かで、応募できる求人にも差が出ます。
 いますぐ転職を考えていなくても、いざというときに困らないように、自分のスキルを磨く努力をしましょう。
 職種によっては、専門スキルの証明になる資格を取得したり、グローバル化に備えてTOEICスコアをあげるなどが有効な場合があります。
 また、コーチング力を鍛えるのも、管理職には有効です。
 部下に勉強を強いるだけでなく、中高年が自ら自分を成長させる学びの場をつくることが、人間力を磨くことにもつながります。
 現状に満足することなく、常に向上するという気持ちで、何事にも前向きに取り組んでください。
 そうした姿勢を、企業は必ず評価してくれます。
 いまの求人増のチャンスを最大限に活かすためにも、自分に価値づけする努力を怠らず、広く情報収集してください。
 あなたが輝ける場所が、必ず見つかるはずです。

 

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
幅広い業界や業種の求人があり、中高年向けの求人情報も多数掲載

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ